暗髪で透明感をだす・ヘアカラーの豆知識

こんにちは♪

自然な縮毛矯正が得意な美容師

ヘアーマテリアルの島崎ななえです♪

–✄–東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-32-7 さつきビル1F hair material

☏03-5305-4855

❁ご予約はこちらから❁

 

 

 

本日はゲストブログです(^^♪

 

いつもヘッドスパでご来店頂いていたのですが、今日はカラーをしにきて下さいました♪

 

ビフォーの状態

 

 

オレンジっぽくなってきたのが気になるのと、明るくなりすぎたので暗めにしたいとのオーダー(^^♪

 

日本人はどうしてもメラニンが濃いので赤み(オレンジっぽさ)がでやすいんですよね。

 

欧米人なんかは赤みがでにくい髪質のため「外国人風カラー」といって、赤みを抑えたカラーが人気なわけです☺

 

今回も気になるオレンジっぽさを抑えるために、反対色にあたるアッシュ(青)で染めていくと

 

アフターはこんな感じに(^^♪

 

 

濃いめのアッシュグレーです⭐️

 

オレンジっぽさがなくなり、柔らかい質感になりました(*^^*)

 

アッシュとは元々灰色のことをいうのですが、日本人の髪をグレーっぽくするには赤みを消す青が必要になるため、青色が強く配合されています。

 

アッシュ(青)やマット(緑)の寒色系で染めると、透明感だけでなく柔らかい雰囲気がでるのがいいところ♪

 

 

綺麗な色にするためのカラーの豆知識

季節ごとに髪色を変えてたのしむのもいいのですが、コロコロ色を変えてしまうと綺麗に発色しにくくなります。

 

アッシュで染めたりピンクで染めたり、毎回違う色で染めてしまうと前にいれた色が邪魔になってしまい、なりたい色にならない場合があります。

 

季節ごとに色んなカラーを楽しむよりかは、積み重ねでなりたい色を作っていくほうがより上質な仕上がりになっていきます(^^♪

 

カラーも大好きなのでお気軽にご相談ください♪

 

また更新します

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です