ヘアオイルで髪のツヤがなくなる?

こんにちは♪

 

自然な縮毛矯正が得意な美容師

ヘアーマテリアルの島崎ななえです♪

 

–✄–東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-32-7 さつきビル1F hair material

☏03-5305-4855

❁ご予約はこちらから❁

 

 

 

毎日ひたすらポニーテールばかりしている美容師ですღ

 

 

さてさて、

みなさん普段のヘアケアにオイルは使っていますか☺?

 

今日のブログはヘアオイルの注意事項について書いていこうと思います♪

 

 

オイルをつけすぎるとツヤがなくなる?

本来ツヤやまとまりをだすために使うヘアオイルですが、使い方を間違えると髪質を悪くしてしまうことも。

 

そもそもオイルはなので、髪に蓄積していってしまうと油が酸化しツヤがでなくなったり絡まりやすくなったりします。

換気扇のまわりでベトベトになった油を想像してもらうとわかりやすいです。

そうならないように、是非参考にしてください♪

 

どんなオイルがオススメ?

オススメはテクスチャーがさらさらのもの!

ドロッとしているものは必要以上に髪に残るのでオススメできません。

 

 

つけるタイミングは?

乾かす前?アイロンの前?

 

物にもよるのですがオイルをつけるタイミングは熱をくわえたあと!が一番無難です。

 

普段ドライヤーするだけなら乾かしたあとに。

アイロンやコテを使うのであればそのあとに。

 

オイルをつけたあとに熱をくわえるのはおススメできません!

髪の毛が天ぷらのようにカラっとなります。笑

 

よく、ドライヤーやアイロンの熱から髪を守ってくれる♡なんて言いますが、オイルの種類によっては逆効果なことも・・・

 

それより、しっかりタオルドライしてドライヤーの時間が少しでも短くなるようにしたり、アイロンの温度を140°程度の低温にするほうがよっぽど大事です。

 

アイロン前につけるのであればゴールデンホホバオイルがオススメ

ホホバオイルは シリコン系のオイルと違い、人間の皮脂に近くアイロン前につけることによって髪の保護をしてくれます。

精製されたホホバオイルよりも、未精製のゴールデンホホバオイルの方が栄養素がたっぷり入っているのでオススメです。

顔や身体にも使えます❁❁

 

髪を毛先まで洗ってオイルが残らないようにする

これすごく大切です!

地肌を洗う以上に大切です!

地肌には自浄作用があるけど、髪は洗わない限りずっと汚れたまま。

ロングのかたは特に毛先の汚れが残ってることが多いです。

絡まりやすいのは汚れが落ち切っていないからかも。

その日につけたスタイリング剤やアウトバストリートメントはその日のうち落とさないといけません。

洗浄力のあるものを選び、毛先までしっかり泡立てて洗いましょう(ドエスシャンプーとかドエスシャンプーとかドエスシャンプーとか)

 

髪美人になるには正しいヘアケアが欠かせません!

 

以上ヘアオイルの注意事項でした♪

 

 

ではまた更新します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です