普通の縮毛矯正となにが違うの?自然な縮毛矯正をするには。

こんにちは♪

 

自然な縮毛矯正が得意な美容師

ヘアーマテリアルの島崎ななえです♪

 

–✄–東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-32-7 さつきビル1F hair material

☏03-5305-4855

❁ご予約はこちらから❁

 

 

 

2日連続で9時間寝たら肌つやがよくなった気が♪♪

 

ちゃんと寝ないとですね!!!

 

 

 

 

さて、今日は縮毛矯正について☺︎

 

 

カラーやパーマに比べ、美容師の技術レベルに大きく差がでるのが縮毛矯正というメニュー。

 

今日は縮毛矯正の技術を武器としている私の、一般的な縮毛矯正とはここが違うんだよ!!を紹介していきたいと思います。

 

 

 

一般的な縮毛矯正との違い

・自然な内巻きにできるところ

・自然な柔らかさになるところ

・薬を塗り分け必要最低限のダメージでかけていくところ

・もちがいいところ

・とにかく自然なので、縮毛矯正をしてるひとっていうよりただ髪の毛が綺麗なひとに見えるところ

・ダメージを感じさせない

・クセをしっかり伸ばしつつ、取れないトリートメントをしたような質感

 

 

がわたしの縮毛矯正のウリです

どうして違うのかを説明していきます♪

 

 

ここが違う!3つのポイント

 

  1. 使ってる薬が全くちがう
  2. マニアックな技術
  3. 普通ではない経験値

 

この3つのポイントが縮毛矯正の仕上がりに大きく差をつけます。

 

では解説していきます☺︎

 

 

1.使ってる薬が全く違う

大体の美容室においてる縮毛矯正のクスリって何種類くらいでしょうか?

 

少ないと3種類

多くてもその倍くらいじゃないでしょうか?

 

ほとんどの美容室はすでに完成されている既製品のクスリを使っているのに比べて、私はクスリを自分で調合しています。

 

マニアックです❗

 

既製品のクスリって

  • 超超強いか
  • 超強いか
  • 強いか

 

しかないように感じるんですよね。

 

なので手間はかかりますが、自分で調合して作っています。

 

30種類くらいは作れます☺︎

 

よって髪質やダメージ具合によって、適切なクスリをチョイスでき 髪に余計なダメージを負わせません。

 

クスリの土台もほんとーにちがくて。

 

マニアックな言葉を使うと「低アルカリ・高還元剤」

最近では「酸性縮毛矯正」も取り入れ、幅広い髪質に対応できるようになりました。

 

 

 

 

2.マニアックな技術

これもまた変態な話なのですが、アイロンの入れ方がだいぶマニアック。

 

このマニアック技術のおかげで、ひと昔前まで伸びにくかった捻転毛というくせ毛や、自然な内巻きにする縮毛矯正ができるようになりました★

 

初めてやるひとは驚くことの多い土管アイロンもその一つ♪

 

B3D0ECCE-CB39-46E4-B241-E7005D7DD5F2

 

 

 

3.普通ではない経験値

 

何事にも大切な経験をつむということ。

なかなか環境が整っていないと、人の何倍も経験をつむのは難しいことだと思います。

 

特に縮毛矯正って、カラーやパーマに比べたら需要も低い。

 

わたしの場合は縮毛矯正に特化するには最高な環境で5年間働かせてもらったため、通常の何十倍もの縮毛矯正に携わってきました。

 

 

今まで縮毛矯正に納得のいったことのない方はぜひ一度ご相談ください❗❗

 

髪質にあわせた薬剤と、髪質にあわせた丁寧なアイロン操作で、必ず感動させます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です